スキー板

スキーには、代表的なもので、スキー板、スキーブーツ、ビンディング、スキーストック、スキーウェアなどの、専用のスキー道具が必要です。特にこれらが絶対必要というわけではないですが、初心者をはじめ、基本的にはこれらを使って滑ることになります。それでは、それぞれの道具を説明したいと思います。
 
スキー板は、もっとも代表的な道具で、細長い2本1組の板を指します。この板を足に装着し、坂道を滑り降りるバランスを取るのです。生身の足では、うまく滑れないどころか、バランスが取れずに転んでしまうのが目に見えていますからね。実は、スキー板は、もともと雪が降り積もる地域における交通手段として利用されていました。その後、スポーツとしても使われ始めていったのです。そのため、雪を滑るという行為において、とても実用的といえるでしょう。また、このスキー板は、スノーモービルの前輪の代わりとしても使われています。雪の多い地域では、切っても切り離すことができない道具といえますね。
 
スキー板は細長く、くびれた形状をしているのが特徴です。また、板の先端は、雪をくぐらないように、反り返った形状をしています。坂道を滑っているときに、先端がつかえたりしたら、危険極まりないですからね。

    人気サイトのリンク集

  • 飲み会や季節のイベント等を開催する社会人サークルを神戸で探すなら、誠実で真面目な方が多いイベントを開催しているので、落ち着いた大人な雰囲気で楽しむことが出来ます。騒がしい飲み会が苦手な方にはオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) インストラクターが教える・大人のスキー All Rights Reserved.