スノーボード

通常の2枚1組とは異なる特殊なスキー板に、スノーボードというものがあります。2枚1組のスキー板の場合、滑走するとき両足を正面に向けていますが、スノーボードの場合、両足を横向きや斜めにして滑走します。スノーボードを行う人をスノーボーダーと呼び、その滑走時の見た目の派手さから、特に若者に人気のあるスキー道具です。スノーボードは雪の上を滑るための道具ですが、ユーザーによっては、雪の上以外の場所において、利用することもあります。
 
スノーボードは、横向きや斜めにして滑走するという独特のスタイルのため、習得するのがすごく難しそうというイメージがありますが、実はそこまで難しいものではありません。通常の2枚1組のスキー板によるスキー経験者はもちろん、まったくの初めての人でも、根気さえあればすぐに習得することができます。もっとも、スキーというのは怖さから敬遠する人が多いので、滑れるようになるには、恐怖心の克服が一番です。
 
スノーボードは、かなり派手にスキーを行うことができるので、それだけ楽しみの幅が広がります。高スピードで走ることはもちろん、ジャンプをしたり、ターンをつけたり、レースをしたり……人によってはとてもわくわくするスポーツだと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) インストラクターが教える・大人のスキー All Rights Reserved.