スキーストック

スキーストックは、スキーを行う際に使用する杖のことを指します(ドイツ語で、ストックは杖の意)。杖ですから、滑っているときのバランスを保つためや、加速をするために役立ちます。特に初心者の場合、足だけでバランスを取るのは難しいので、スキーストックの補助的な意義は大きいといえるでしょう。スキーストックは、スノーボードでは使われず、通常の2本1組のスキー板において使われます。また、近年では、「ポール」、「スキーポール」などといった呼び方でも呼ばれます。
 
スキーストックも、スキー板と同じく、2本1組が通常です。それぞれの手に1本ずつ持つので、滑走中は両手が塞がることになります。握る部分にはストラップが付属してあり、手首をそこに通して、手から落とさないように持つことができます。また、ストラップがないスキーストック製品もあり、逆に、ウイングロックというガードのようなもので、より厳重に、手首に固定するものもあります。
 
スキーストックの大きな特徴として、先端に円盤状の器具が取り付けられていることが挙げられます。この器具は、バスケットやリングと呼ばれ、スキーストックが雪の中に埋まらないようにするためのものです。埋まってしまったら、逆に危険になりますからね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) インストラクターが教える・大人のスキー All Rights Reserved.